ヴィーガンの人も食べられるベジグミ、【Trolli Apfelgarten】

ヴィーガンの人も食べられるベジグミ、【Trolli Apfelgarten】

「りんごリング」グミでお馴染みのTrolli、時代に合わせた新商品?

「リング状になった青りんご味の酸っぱいグミ」でお馴染み、Trolli社Apfelringe。このサイトでは超リアルな目玉グミでこのドイツのグミ製造会社、トローリー社のことを書いています。

そのトローリ社から発売されたのが、

Trolli Apfelgarten

APFELGARTEN(リンゴの庭)

3種類のリンゴが小さなリング状になった酸っぱいグミ。

このグミ、

Trolli Apfelgarten veggie

ヴィーガンの人も食べられる植物性材料を使ったグミ

時代の流れでしょうか、ドイツでは最近、こういった「ベジタリアンもOK!」なグミがかなり多くなってきました。

Glotzer

ドイツのグミ

ハリボー、Trolli、Hitchler、グミが生まれた国、ドイツで売られている新商品や日本未上陸のグミなど

植物性グミは食感にまだまだ改良の余地アリ?!

3種類のリンゴは、黄色がゴールデン・デリシャス、赤がブレイバーン、グリーンがグラニー・スミス。

Trolli Apfelgarten3

顔つきから一番酸っぱいのがグラニー・スミスでしょう。

実際のグミはこんな感じ、Trolliの看板商品のApfelringeの1/3くらいの大きさ?

Trolli Apfelgarten2

味自体は3つとも美味しいと思いますが、Apfelringeが小さくなったものとは思えない感じ。

その理由は「食感」。

どのメーカーのものでも、そうなのですが、ベジタリアン用のグミ、噛んだ時の歯ごたえが物足りない・・・。

このグミはかなり頑張ってはいるんですが、ちょっとネバーっとした餅っぽい(?)食感。オーソドックスな昔ながらのグミと比べると、弾力性に欠ける・・・。

でも、そのうちに改良が進んで動物性ゼラチンを使用したグミのような食感になる日も、きっとそう遠くないはず・・・。

Glotzer

ドイツのグミ

ハリボー、Trolli、Hitchler、グミが生まれた国、ドイツで売られている新商品や日本未上陸のグミなど