おばさん、ルメアで光脱毛!いつでも生足OKなスベスベ脚になったよ!

おばさん、ルメアで光脱毛!いつでも生足OKなスベスベ脚になったよ!

おばさんが選んだのはフィリップス「ルメア・プレステージ」

ドイツで脱毛って、日本より大変・・・。日本のようにエステ・サロンの「脱毛チケット通い放題○円」なんてのはないし、脱毛サロンみたいなところはあるけど、カウンセリングを受けないと費用が分からないような仕組み(多分)・・・。

さらに日本だと、ケノンや「キレイなお姉さん」などを始め、かなりのメーカーで家庭用脱毛器の取り扱いがあると思うのですが、ドイツで選ぶとなるとメーカーが限られるのがネック。

そんな状況で私が選んだのは大手のフィリップス、光脱毛の「ルメア」。選んだ理由はもちろん、大手で安心できそうな品質だったことに加え、購入時期の2018年6月当時、「90日間体験キャンペーン」をやっていたから。

90日使って、気に入らなければ返品&全額返金という太っ腹キャンペーン、これは乗らねばと、おばさん即決!

さらに、いろいろなクーポンを駆使し、当時の価格600ユーロから、150ユーロくらい値引きされた価格で買いました。おばさんならではの割引調査能力、遺憾なく発揮!

boa fleece coat

おばさんファッションに関する他の記事はこちらから

何を着ても映えない、見苦しい、そんなおばさんが現実逃避をしたり、おばさんにぴったりな服を探す話

ルメア、使って1週間目でその効果に驚く!

届いたのがこちら。パッケージにドイツ語表記がなく、一瞬ビビりましたが、説明書には英語やドイツ語の表記がありました。

lumea

この時、日本旅行を1ヶ月後に控えており、それまでにどんな成果が出るか、気軽に試そうという感じでした。返品&返金が可能だから、どんなもんか試すだけ、試そうという感じ。

でも、1回目の照射後、1週間後に

「毛が生えてこない?!」

とまず驚きました。今まで引き抜く系の脱毛器を使用していたんですが、1週間後にはチクチク毛が生えてきていたんですが、それがない!

最初の照射から3週間後に2度目の照射。この時点でチラホラ、毛が出てきたのですが、それでも圧倒的に毛の数が少ない!

2度目の照射の後、1ヶ月、真夏の日本に滞在したのですが、この間、毛に悩まされることが無かったんです!

ルメアはドイツに置きっ放し、日本で毛が生えてきたら、その時にワックスなどで処理しようと思っていたんですが、全くそんな必要がなかった。

一番効果が顕著なのは脇、それから腕&膝下、おばさんだけど、いつでも生足OK!

lumea2

感動ものですよ、今まで何十年もの間、毛に苦しめられてきましたが、ついに解放されました!ルメア様、ありがとうございます!!!

学生の頃、エステの勧誘で「全身脱毛100万円」とか言われた時代から、今や自宅で空き時間に自分で脱毛、しかもかかる費用が5〜6万円程度なんて(感涙)!

一番効果が感じられたのは脇でした。2回目の照射以降、本当にほとんど生えてこなくなりました。ルメアを使って1年以上経ちますが、脇は今はやることナシです。

次は腕、今まで何十年も引き抜く系脱毛器で抜きまくっていたので、太めの毛が生えていたのですが、2回目の照射で1ヶ月以上、ほとんど生えてこなくなりました。冬場、油断をしていたら、一部、生えてきましたが、それでも明らかなに毛が薄くなってる。その後、定期的に照射し、現在は数ヶ月に1度くらい、一部照射するのみ。

足も膝下は腕と同じくらいのスパンで一部照射。いつでも生足OKなスベスベっぷり♪誰もおばさんの生足は期待していないでしょうけど(苦笑)。

現在進行形で脱毛中なのは二の腕や肩のあたり。もともと産毛程度のところの方が、時間がかかるかなという感じ。でも、こちらも使用前と比べると7割減くらい。

boa fleece coat

おばさんファッションに関する他の記事はこちらから

何を着ても映えない、見苦しい、そんなおばさんが現実逃避をしたり、おばさんにぴったりな服を探す話

おばさんが脱毛したかった理由は・・・

「おばさんなのに、なんで今更脱毛しようと思ったの?」って思ってます?

私ももうおばさんだから、露出のある服はあまり着ないし、夏場くらい脱毛すればいいかなと思っていたんです。

でも、ここ数年、歳のせいか、体調不良に悩まされる事が多くなり、「もしかしたら入院とかになるかも?」という不安に襲われることも。

そんな時、頭に浮かんだんです、「点滴しますね。」と言われて、看護師さんが私の腕の剛毛っぷりを見てギョッとする絵が・・・。

出産の時にドイツの病院に数日、入院したんですが、その時の服がガバガバで、腕も脚も脇も動けば丸見えみたいなヤツだったんです。

「うわーっ、体も弱ってるのに、さらに精神的にダメージを受けそう・・・」

「いつでも脱げる体」っていうのは、幾つになっても必要なのかもと思った次第です。今は体調的には良好なんですが、毛がないスベスベ手足はおばさんになっても、やっぱりいいものだなって思います。