コロナの感染拡大を防ぐため、ベルリンの国立歌劇場やベルリン・フィルなどの公演が中止に

コロナの感染拡大を防ぐため、ベルリンの国立歌劇場やベルリン・フィルなどの公演が中止に

オペラやコンサート、4月19日まで公演キャンセル

コロナ・ウィルスの感染拡大を防ぐため、ベルリンがイースター休暇が終わるまでコンサートやオペラの上演を中止するとの発表がありました。

今回、公演が中止となるのは国立(州立)といった公的な会場で、1000人以上収容可能な大会場。開催中止の会場は国立(州立)的な会場。他の商業的な会場は今回の決定には含まれておらず、開催は主催者などの判断になるかと。

公演中止は今日(3月11日)からイースター休暇が終わる4月19日までが予定されています。

Surgical mask

コロナ・ウィルスに関する他の記事はこちらから

マスクや除菌ジェル、オペラやコンサートの中止、観光名所の閉鎖の情報など

ベルリン・フィル、ウンター・デン・リンデンの国立歌劇場などが公演中止

具体的に有名な会場を挙げると、

  • ベルリン・フィルハーモニー
  • ベルリン国立歌劇場(ウンター・デン・リンデン)
  • ベルリン・ドイツ・オペラ(ドイチェ・オーパー)
  • コーミッシェ・オーパー
  • ベルリン・コンツェルトハウス

などが該当します。

ただ、このニュースによるとベルリン・コンツェルトハウスは大ホールのみ公演中止、室内楽ホールなど小さなホールでのコンサートは開催される可能性があるようです。ベルリン・フィルは室内楽ホールも含めて全ての公演が中止の模様。詳しいことは主催者や開催ホールに問い合わせることをお勧めします。

ベルリン・フィルでは今週、前主席指揮者&芸術監督のサイモン・ラトルによるコンサートが予定されていたので、かなりショックは大きいかも。

ベルリンでオペラやコンサートを鑑賞予定の方はご注意ください。

カリーヴルストとポテト

ベルリンに関する他の記事はこちらから

ベルリンのクリスマス・マーケット、変な建物、地元民が愛する美味しいお店、ベルリンのイベント情報など