ドイツの薬局でマスクを買おうと思っても多分、買えない

ドイツの薬局でマスクを買おうと思っても多分、買えない

コロナ・ウィルスのせいでドイツでもマスクが売り切れ?いや元々、売ってない?

先日、ベルリンの薬局でアジア人男性が「マスクが欲しいのだけど」と尋ねている姿を見かけました。薬局の人は

「マスクは医療従事者用だから、医療機関には販売されているけど、個人向けの薬局では取り扱いがない。」

と言っていました。

日本では至る所でマスクが売り切れのようですが、ドイツではマスクは元々、一般市民に向けて販売されているものではないようです。

ドイツ全土の薬局がそうなのかは分かりませんが、確かにドイツの薬局で日本のマスクみたいなものを売っているの、見たことないかも・・・。

Surgical mask

コロナ・ウィルスに関する他の記事はこちらから

マスクや除菌ジェル、オペラやコンサートの中止、観光名所の閉鎖の情報など

ヨーロッパでマスクをしているとどう思われるのか?

日本と異なり、風邪を引いてもマスクを付ける習慣がないドイツ。じゃ、マスクをしている人にはどんな反応をするのか?

数年前の私の実体験なんですが、風邪がほぼ完治、でも咳が少し出る状態だったので、周りに移さないようにマスク(日本から持ってきていた)をつけて、会社へ。

すると、同僚の顔が引き攣り、距離を思いっきり取られました・・・。

「何の病気なの?何で会社来るの?!」と、ある同僚からは半ギレっぽく言われました。

日本では体調が悪くなくても、マスクを付けて外出するって普通のことですが、ヨーロッパでは「マスクをしている=なんかヤバイ病気の人」に近いイメージがあるようです・・・。

ドイツではマスクは元々こんな感じの位置付けのものなので、今の時期、マスクを付けて、街を歩いていると、ヨーロッパ人はさらに恐怖を感じるかも・・・。

今はマスクをしていなくても、距離を取られることが多くなりました

新型肺炎のせいで、アジア人が差別の対象になっているというニュース、1月末頃から、私も気になり始めました、「もしかして私、避けられてる?」みたいな状況に・・・。

街を歩いていると、大幅に距離を取られたり、向かいから来た人が私の顔を見て、「ビクッ」となっていたり、小さな子供を連れたお母さんが、子供の手を急に引き寄せて、私の側に行かないようにしてたり。

ヨーロッパの人からしたら、アジア人は皆、ウィルス持っていそうな人々に見えるんだろうなって思います。ウィルスは目に見えないし、連日の報道を聞いていると、恐怖感を持つのは分かるし。

私一人なら、いいのですが、子供が一緒だと、ちょっと可哀想かなと・・・。私と一緒だと子供もアジア人に見えるので。

なので、「こういうこともあるかも」と事前に心の準備をさせて、子供と二人で外出したら、外で「本当だ、ものすごく離れるね。でも、場所が広くなって、歩きやすくない?」と、まさかの超ポジティブ思考。でも、この子供の言葉に大分、救われました。

カリーヴルストとポテト

ドイツに関する他の記事はこちらから

朝ごはんの時にドイツ人が見分けられる方法、ベルリンで観られる変な建物、地元民から愛されるカリーヴルストのお店、ラピュタの世界が広がる鉱山など