ドイツの冷食トンカツはトースターから飛び出したら、出来上がり?!

ドイツの冷食トンカツはトースターから飛び出したら、出来上がり?!

ドイツの冷食はポップアップ・トースターを使用?!

日本の充実っぷりには遠いですが、ドイツの冷食コーナーも一応、それなりに取り揃っています。

特にご紹介したいのが、コチラ

トースターで出来るシュニッツェル、トースティ

日本だったら、トースターでトンカツという感じ?

冷食にトースター使用するって、別に目新しく無いって思います?

コレ、トースターといっても蓋を開けて並べるタイプのものでなく、焼けたトーストが飛び出すタイプのポップアップ・トースターに差し込んで焼くタイプなんです

toasty

だから、差し込みスペースにフィットするような「食パンサイズ」になっています。

カリーヴルストとポテト

ドイツに関する他の記事はこちらから

朝ごはんの時にドイツ人が見分けられる方法、ベルリンで観られる変な建物、地元民から愛されるカリーヴルストのお店、ラピュタの世界が広がる鉱山など

シュニッツェルと呼ばないで!

トースターの出力を最大にして、トースティーを差し込み、およそ3分後に飛び出してきたら、出来上がり。

お味の方はいわゆるジャンクな感じです、子供が好きそうな味。薄いチキンナゲットに衣がついているという感じかな。

このトースティ、テレビのCMでは「Don’t call me Schnitzel」「シュニッツェルと呼ばないで」というキャッチコピーが流れています。

食べてみて、むしろ、自然に「シュニッツェルじゃないね、確かに。」という一言が出ました(笑)。

あっ、でも駄菓子の「ビックカツ」のゴージャス版っぽい感じはするかも。トンカツソースをかけて食べたら、かなりいいかもしれない!

小腹が空いたけど、外に出たり、出前とか頼む時間じゃ無い時にあったら便利かも。夜中に食べたら、確実に太りそうですが。