ドイツ、スーパーのひき肉からアレが消えた?!

ドイツ、スーパーのひき肉からアレが消えた?!

トレーに入って売っていたひき肉が・・・

先日、ドイツのディスカウントスーパー「LIDL」で購入した合挽ひき肉。

Lidl hackfleich

手にとってビックリしました。

普通、日本でもスーパーで販売されている肉類って白や黒のトレーに入れられてパッキングされていると思います。つい先日までドイツでも、ちょっと深めな透明のプラスチックのトレーに入って販売されていたのですが、
Lidl hackfleich2

トレーがないっ!!!

ちょっと厚めのビニール袋に直接、ひき肉が入っている状態ドリップシートはひき肉の下に以前と同様に入っていました。

halloumwelt

ドイツのエコバックやレジ袋、エコ施策に関する他の記事はこちらから

ドイツのエコバックやレジ袋、ロール状の薄手のビニール袋までも有料、プラゴミ削減のための新パッケージなど

プラゴミ削減、ドイツはここまで来た?!

LIDLによるとこの新パッケージで以前よりも60%、プラゴミ削減ができるのだとか。

Lidl hackfleich3

トレーに慣れきっていると、「お肉が潰れそう」と不安に感じますが、お肉屋さんの量り売りで買った場合、コレとほぼ同じ状態で包装されている。

他のトレー入りのお肉と重ねて、エコバックに入れていたのですが、これからは「ひき肉は一番上」という事に気を付けていれば大丈夫そう。

ドイツの透明トレーは日本のトレーよりも大きく、肉料理が続くとすぐゴミ箱がいっぱいになってしまうのですが、この新パッケージだったらゴミ捨ての回数も減りそう。

驚いたのは消費期限、正直、「ちょっと頼りなさそうなパッケージだから、早めに食べないと悪くなっちゃうのでは?」思っていたのですが、

haltbarkeit

購入日は8月8日、消費期限は8月13日までと思っていたより長め。

この新パッケージ、実はかなり有能なヤツなのかも・・・。

カリーヴルストとポテト

ドイツに関する他の記事はこちらから

ドイツ人男子「パジャマの下はノーパン疑惑」に迫る、朝ごはんの時にドイツ人が見分けられる方法、ベルリンで観られる変な建物、地元民から愛されるカリーヴルストのお店など