冬のアテネが極寒だった・・・。

冬のアテネが極寒だった・・・。

冬のアテネに暖かさを求めて行くと酷い目に遭う

「寒いドイツを離れて、暖かいところへ行くぞ!」というコンセプトの元、2月のアテネに向かったのですが、着いたら、

Athens not warm1

「・・・寒くない?!」

衝撃です、日差しはまるで春先っぽいのに寒い・・・。風がかなり強いせいか、むしろ、ベルリンの方が暖かかったのではと感じるくらい・・・。そう、気温はベルリンの方が低いのですが、風のせいで体感温度が非常に低くなっている模様。

うわーっ、やられた・・・。

athnes-city

アテネに関する他の記事はこちらから

アクロポリスが見える民泊アパート、どこで食べても美味しいスイーツ、冬のアテネは極寒だった話など

街を歩いていると日本を思い出すのはなぜ?

アテネの海岸部にて。何だか日差しが柔らかくって、スプリングコートでも大丈夫そうな印象ですが、激寒でした・・・。

Athens not warm2

冬の時期、薄暗いドイツと比べると、日差しが柔らかい(寒いけど)。そして妙に感じる「あれ、なんだか日本いるみたい?」という既視感。

地図を見て、納得。緯度が日本と似たようなポジションでした。なので、太陽の日差しが日本と似た感じを受けるのかなと。それに空気中の湿気も日本っぽいのかも。

防寒対策バッチリなら、冬のアテネは狙い目かも

冬のアテネにご旅行予定の方、ダウンコートをお持ちになられることを心からオススメいたします。ちなみに私、外を歩く時はダウンコートの下にユニクロのライトダウンを着込んでいました。その年によっても差があるかとは思いますが、アテネ=暖かそう、というイメージで冬に行くと酷い目に遭う可能性が高いです。

アテネについた次の日、窓から入る柔らかい日差しに騙されて「薄手のコートでも大丈夫そう?」と、外に出たら、10分くらいで民泊アパートの部屋に戻る羽目に・・・。歩いていられないくらい寒かった・・・。

でも、冬は観光客も少なめ、ちゃんと防寒対策をしていれば、比較的どこも空いているので、スムーズに観光できると思います。ある意味、オススメのシーズン?