開かずの空港と呼ばれた「ベルリン・ブランデンブルク国際空港」遂に開港!

開かずの空港と呼ばれた「ベルリン・ブランデンブルク国際空港」遂に開港!

ベルリン・ブランデンブルク国際空港、ついにオープン

2006年に着工され、当初は2011年の秋に開港が予定されていたBER空港(Flughafen Berlin Brandenburg
„Willy Brandt“)。

「永遠に開港しなさそう」と思われていた曰く付きのこの空港、しかし、約9年の歳月をかけ、2020年10月31日、ついにオープン!

flight

ヨーロッパ内のフライトに関する他の記事はこちらから

ヨーロッパのLCC搭乗の感想、ヨーロッパの航空会社のエコノミー利用の感想、役立つ機内持ち込みグッズ、遅延補償がもらえるケースなど

コロナ禍の今年、発着便の数は非常に少なく、明日からドイツは部分的ロックダウン・・・

開港から1日、今日、最初の飛行機がBER空港から無事に飛び立ったそう

コロナ禍の今年、発着便の数は非常に少なく、ドイツの首都を支える新ハブ空港としてはあまりその実力を発揮できない感じ?

明日から11月末までドイツは部分的ロックダウンがスタート。新空港を使って旅行できるのは一体いつになるのでしょう・・・。