ミラノの老舗パティスリー、マルケージはあの大ヒット小説「冷静と情熱のあいだ」にも出てくる

ミラノの老舗パティスリー、マルケージはあの大ヒット小説「冷静と情熱のあいだ」にも出てくる

ミラノ、ガッレリアにあるプラダ傘下の老舗パティスリー&カフェ

ミラノに来たら、絶対来る場所と言えば、ガッレリア。創業1824年を誇る老舗パティスリー、Marchesi(マルケージ)もガッレリアにあるんです。

Marchesi cafe

マルケージの窓からガッレリアを行く人々を眺めながらエスプレッソを

こう書くと、あたかもここで優雅な時間を過ごしたような感じですが、私たちは立ち飲みのスタンド利用、滞在時間10分程度・・・。

店内は気品ある雰囲気、クラシックな制服を着たウェイトレスさんがキビキビ働いていて、「ここでお茶したい〜」と思っていたんですが、席が空くまで待たなくてはいけない・・・。

そのうち、子供が「つまんない!」と言い出したので、スタンドでエスプレッソを頼み、どうしても買いたかったチョコレートを購入して早々、撤収(涙)・・・。

ミラノのドゥオーモ

ミラノに関する他の記事はこちらから

ダルセナ運河の側で衝撃、ストレンジャー・シングスの世界が開けてたのを目撃した話、ドゥオーモから見える気になる建物廻りなど

「冷静と情熱のあいだ」のヒロインのお気に入りのカフェ

子連れの家族旅行でも、どうしてもマルケージに来たかったんです。それは、おばさん世代には懐かしい作品「冷静と情熱のあいだ」

映画には若き日の竹野内豊様が出てますが、映画の方ではなく、本の方でこのカフェが出てくるんです。江國香織さんの書いた赤い方のです。

ヒロインのあおいと恋人のマーヴのお気に入りのカフェのマルケージ。マーヴはお土産にこのお店のチョコレートを白いリボンがかかった箱で買ってきてくれる。

当時、憧れていた世界、おばさんになった今、自ら再現だっ!とチョコレートを箱買いしようと思ったら、価格にビックリ・・・。さすがプラダ傘下のパティスリー、チョコレートなのに恐ろしく高額(個人的な感想です)・・・。

小さなチョコレートを5個くらいバラ買いしたんですが、可愛い袋に入れてくれました(感涙)!

やっぱり、あの小説の世界は私には遠いものだったんだな、と、20年近く経った今、実感した次第です・・・。