ドイツのテレビ番組で紹介された「世界一のウィンナーシュニッツェル」が食べられるレストランがスゴい!

ドイツのテレビ番組で紹介された「世界一のウィンナーシュニッツェル」が食べられるレストランがスゴい!

「本物のウィンナーシュニッツェル」の定義って知っていますか?実はいくつか条件があるんです。 全ての条件を満たし、「世界一のウィンナーシュニッツェル」とドイツのテレビ番組で紹介されたお店に子供と一緒に行ってきました。このお店、「ウィンナーシュニッツェル」が食べられるだけでなく、作るところも見られるんです。

Meissl & Schadnって?

ウィーンのラグジュアリー・ホテル、リッツ・カールトンの斜め向かいにある「Meissl & Schadn」。日本語で発音するなら、「マイズル・ウント・シャードゥン」でしょうか。シャンデリアがきらめく上品な高級レストランという店構え。

ウィーン、Meissl & Schadn店頭

シュニッツェル作りが見られるレストラン
このお店の前を通ったら、誰もが一度は足を止めると思います、それは、通りに面したオープン・キッチンでシェフ達によるシュニッツェル作りが見られるから。

お肉を叩き、衣付けから揚げる作業、本物のウィンナー・シュニッツェルを作る工程が全て見られれます。

シュニッツェル作りが見られるオープン・キッチン
本物のウィンナー・シュニッツェルとは?

このお店を知るきっかけになったのはドイツのテレビ番組。「本物のウィンナー・シュニッツェルを探す」という情報番組のワンコーナ。リポーターがウィーンのレストランを周り、最後にたどり着いたのがこのお店。

本物のウィンナー・シュニッツェルと呼べるには、

  • 仔牛の肉を使用
  • 乾燥したパンから作ったSemmelbrösel(細かいパン粉)を使用
  • ラードまたは澄ましバターで揚げる

という条件を満たさないといけないとのこと。このお店はこの条件を全てクリア、リポーターから「世界一のウィンナー・シュニッツェル」の称号をもらっていました。

由緒ある名店が再び蘇る
Meissl & Schadnの創業は1896年。精神分析の権威、ジークムント・フロイト、作曲家で評論家のシュテファン・ツヴァイク(Stefan Zweig)、小説家で医師でもあるアルトゥル・シュニッツラー(Arthur Schnitzler)など、ウィーンの有名人たちが19世紀の終わりから20世紀にかけて訪れていた由緒ある名店だったそうです。

しかし1945年、第二次世界大戦の際のウィーン攻勢でMeissl & Schadnは破壊され、その歴史を閉じたかのように思われていました。しかし、長い時を経て、場所を変え、その名前と味を引き継ぐレストランとして再びウィーンにオープンしたのが今のお店だそうです。

子連れでもOK?ドレスコードは?

高級ホテルが並ぶエリアにあり、店構えも立派。子連れには敷居が高そうに見えますが、子供が一緒でも大丈夫です。店内は私達の他にも赤ちゃん連れの家族や小学生くらいの兄弟がいる家族などが。どこの子も騒ぐことなく、お行儀良かったです。公式サイトからオンライン予約が可能なので、子連れでのディナーだったら、早めの時間に予約を入れておくことをお勧めします。

ドレスコードですが、私達はいつもより綺麗目なカジュアルで行きました。店内はスーツやセット・アップの人々もいましたが、Tシャツにジーンズの人も多かったです。ウチの子も途中でTシャツになってました。

シュニッツェル作りが習えるお料理教室

火曜日の夕方はシェフからシュニッツェル作りを教えてもらうことも可能です。お一人様39ユーロ(シュニッツェル込み)。要事前予約、定員も限られているので、ご希望の方は早めの予約を。

ホテル・ザッハのザッハトルテ

ウィーンに関する他の記事はこちらから

ホテル・ザッハーでの優雅な時間、可愛いが詰まったデメル、世界一のウィンナー・シュニッツェルのレストラン、雨の日も楽しいウィーンの地下道など

ウィンナー・シュニッツェル

メニュー

伝統的な本物のウィンナー・シュニッツェル、お店の雰囲気からもお値段は高めなのかなと思っていたら、シュニッツェル単品は18.80ユーロ。かなりお手頃なお値段です。

揚げ油を選ぼう

揚げ油はButterschmalz(澄ましバター)、 Schweinschmalz(ラード)の伝統的な揚げ油の他に植物油を選ぶことも可能です。

サイド・ディッシュを選ぼう

サイド・ディッシュはオプションとなります。ポテト・サラダ、マヨネーズのサラダ、きゅうりのサラダ、リンゴベリーのジャムなど。お好みで組み合わせてください。

世界一のウィンナー・シュニッツェルを食べる

私達はフロイトも食べたというバージョン、Wiener Schnitzel mit allen Schikanenをオーダー。お値段は26.60ユーロ。ラードで揚げたシュニッツェル、リンゴンベリーのジャムとお酢バージョンのポテト・サラダなどが付いています。同じ内容をオプションで頼むより少しお手頃なお値段。

本物のウィンナー・シュニッツェル
シュニッツェルはお皿からはみ出すくらいのサイズがウィーン式。上にはレモンのスライスとアンチョビとケッパーがのっています。 さっくりと揚がったシュニッツェル。シェフがお店の前でお肉を叩いていたのを見ていたのですが、お肉の味を活かす丁度いい厚さと衣のサクサク、絶妙なハーモニー。
リンゴンベリーのジャムとジャガイモのサラダ
リンゴンベリーのジャム、ポットに入ったのはハーブとケッパーにアンチョビが入ったバターとパン粉が入っているようなもの。お好みでシュニッツェルにかけて食べます。お酢バージョンのポテト・サラダはさっぱりしているので、揚げ物にはぴったりです。
ホイップ・バターとパン
食事の前に出てくるパンは何も言わないとメインが出てくると下げられてしまうようです。このホイップ・バターがものすごく美味しいので、残しておいてもらうことをオススメします!

ターフェル・シュピッツ

席の側で切り分けてくれる
ウィーン名物のターフェル・シュピッツもお勧めの一品。オーダーすると席の側にカートがやってきて、そこで切り分けてくれるのです。
切り分けられるターフェル・シュピッツ
どの部位をどのくらいと希望を言うことも可能です。ヨーロッパではタンをあまり食べない地域もあるので、スタッフから「タン、入れても大丈夫ですか?」と聞かれると思います。柔らかくって美味しいタンなので、オススメです。
ターフェル・シュピッツ
ソースと付け合わせ
お肉が真ん中、付け合わせは一番上から時計回りに、緑のものはクリーミーなホウレン草、人参のソテー、クリーム・ソース、ポテト、ホースラディッシュにパンみたいなものが入ったペースト、リンゴ。 左側の小皿に入っているのは骨髄です。スプーンですくって食べます。 お肉は肩肉、モモ肉、タン。どの部位もとっても柔らかく上品に仕上げてあります。部位の違うお肉を色々なソースで楽しめます。骨髄はクリーミーでパンにつけて食べました。カリカリのポテトは子供に大人気でした。

ザルツブルガー・ノッケルン

ザルツブルクの山々を思わせるビジュアル
オーストリア名物のスイーツ、ザルツブルガー・ノッケルン。名前の通り、ザルツブルクが本場ですが、今まで食べたことがなかったのでデザートに注文してみました。
3人前のザルツブルガー・ノッケルン
ちなみにこれで3人前。出てきた時、ビックリしました、あまりの大きさに・・・。長さ20センチ以上、高さも15センチくらいあり、3人前で24ユーロくらい。「ザルツブルクの山々」という名前にふさわしいサイズです。
1人前のザルツブルガー・ノッケルン

一人分だとこのくらい。メレンゲが大部分で中はスフレとプリンが混ざった感じ。ふんわりしているけど、コクがあります。中にジャムが入っているので、大きいけれど飽きることなく食べられます。

飲み物は普通のコーヒーがベター?

シュニッツェルとターフェル・シュピッツでお腹に余裕がなかったのですが、完食しました。飲み物は生クリーム入りではない、普通のコーヒーの方が合うと思います。子供はホット・チョコレートを頼んだのですが、砂糖が別になっていて、自分で甘さを調整できるタイプのものでした。旅行中、甘いものを食べがちになってしまうので、ここは親として嬉しいポイントでした。

ホテル・ザッハのザッハトルテ

ウィーンに関する他の記事はこちらから

ホテル・ザッハーでの優雅な時間、可愛いが詰まったデメル、世界一のウィンナー・シュニッツェルのレストラン、雨の日も楽しいウィーンの地下道など

まとめ

伝統ある名前を21世紀に引き継いだこのレストラン、その名に相応しいクオリティとサービスでした。ちなみにお値段ですが、メイン、デザート、飲み物、チップを入れても120ユーロくらい。大体一人40ユーロ、このランクのお店ではかなりお手頃なお値段だと思います。
お店の中から見たキッチン
お肉を叩く音や揚げ油の匂いがしてきて、食事中、子供と一緒に何度もキッチンの方向を見てました。澄ましバターで揚げる時の匂いがとってもいい匂い。もし、次にきた時は絶対に澄ましバターで揚げたシュニッツェルを試したいです。 シュニッツェルを作るところやターフェル・シュピッツの切り分けなど、プレゼンテーションが凄いこのお店。ウィーンの伝統料理をお子さんと一緒に目で見て、食べて楽しめるお勧めのレストランです。