日本で人気の塩パンはザルツシュタンゲン?!でもドイツではこれ、パンじゃないんだけど・・・

日本で人気の塩パンはザルツシュタンゲン?!でもドイツではこれ、パンじゃないんだけど・・・

日本で人気の「塩パン」を焼いてみた

ロックダウンの息抜きとして欠かせないパン焼き、この前は日本に行った時に食べた「塩パン」に挑戦してみました。

6個中、見栄えの良かった1個のみを撮影、味は見栄えの悪いものも美味しかったです。

でも何よりも驚いたのがレシピ検索中、塩パン=ザルツシュタンゲンという情報がたくさん出てきたこと・・・。えっ、ドイツ語じゃない、これ?!

Surgical mask

コロナ・ウィルスに関する他の記事はこちらから

ロックダウンが行われているベルリンの様子、マスクや除菌ジェル、休校中のオンライン学習の情報など

塩パン=ザルツシュタンゲン?これ、ドイツ語の名前じゃない?!

塩パンのレシピを検索しているとあちらこちらに「塩パンはザルツシュタンゲン」という情報が出てくる・・・。これってドイツ語だよね、どう見ても・・・。

こちらの情報ではページ上部のテキストに「オーストリア」と書いてあったので「英語なの?」と混乱しながら、読んでみたらページの半ばでオーストリアに変わっていた。よくやりがちな間違いの模様・・・。でも、ドイツ語圏のオーストリアのパンと書いてあってビックリ・・・。

「ウッソー、それ知っていたらウィーンで食べたのに・・・。」と思わず叫びました。でも、ウィーンのパン屋さんで塩パンみたいなパンは見かけなかったんだけどな・・・。

ホテル・ザッハのザッハトルテ

ウィーンに関する他の記事はこちらから

ホテル・ザッハーでの優雅な時間、可愛いが詰まったデメル、世界一のウィンナー・シュニッツェルのレストラン、雨の日も楽しいウィーンの地下道など

ドイツでは「ザルツシュタンゲン=塩パン」ではない

塩パンはドイツ語圏のパンだと思って、ドイツのパン屋さんで「ザルツシュタンゲンください!」と言っても、きっと変な顔をされると思います。

オーストリアと同じドイツ語圏ではありますが、ドイツでSalzstangeというと粗塩がついたプリッツみたいなスナックのこと。リンク先に写真があるのでご覧ください。

うちの子(ドイツ語が母国語)に「日本で食べた塩パンってザルツシュタンゲンっていうんだって。そんなパン、ドイツにあったっけ?」と聞いたら、「Salzstangeはパンじゃない、スーパーで売ってるスナック菓子だよ!」とあきれ顔で即答。

私も「あれ、ザルツシュタンゲンってどっかで聞いたことあるよね・・・」と思ってはいたのですが、パンだと思い込んでいたため、ビールのおつまみ的なSalzstangeと全く結びつきませんでした(汗)。もしや、これがいわゆる老化現象というやつでしょうか・・・。ヤダーッ!!!

カリーヴルストとポテト

ドイツに関する他の記事はこちらから

朝ごはんの時にドイツ人が見分けられる方法、ベルリンで観られる変な建物、地元民から愛されるカリーヴルストのお店、ラピュタの世界が広がる鉱山など