ドイツの謎デザート「カルトシャーレ」

ドイツの謎デザート「カルトシャーレ」

冷たいスープだけどデザート?

個人的に「存在意義が分からないドイツのデザート」と言えば、Kaltschale(カルトシャーレ)

Kaltschale

直訳すると「冷たい小鉢」

Wikipediaによるとドイツではカルトシャーレは「冷製スープ」という扱い、甘いバージョンのものはデザートにもなるとのこと。

スーパーで見かけるのはこのデザート版のカルトシャーレ、夏が近づくとデザート用品の片隅に並んでいます。

作り方は超簡単、でも、これって一体?

このスーパーで売っているカルトシャーレ、作り方は超簡単。

冷たい水500mlに粉末を入れ、泡立て器で混ぜ、冷蔵庫で最低10分冷やす。終わり

混ぜ合わせた状態が上の写真・・・。ちなみに作ったののは「イチゴ味」。

冷蔵庫に入れて10分経つと

Kaltschale4

なんとなくトローっとしている、かな???

というか、正直、トロミ薄過ぎっ!舌に若干残るザラつき感も気になる・・・。

日本のゼリー飲料みたいな分かりやすいトロトロ感ではなく、「片栗粉を水で溶かして加熱していない状態」っぽい・・・。

「これをわざわざデザートとして食べる人の気が知れない。」と個人的には思っていますが、実はウチの夫(ドイツ人)の好物です(笑)。

新しいものなら色鮮やかかも?

上の写真、イチゴ味とは思えないドス黒い赤ですよね・・・。これはもしかしたら、新品だったら鮮やかな赤かもしれません。

Kaltschale2

よく見たら賞味期限が4〜5年前に切れていました・・・。

「同じイチゴ味なのにパッケージが違う」と思って、何気に見たら、衝撃の賞味期限・・・。

個人的に好きじゃない食べ物なので、存在自体を忘れていました(汗)。責任を取って、毒味は私がしましたが、数年前食べた時と同じく、人工的な味がしたので、大丈夫だと思われます。

カリーヴルストとポテト

ドイツに関する他の記事はこちらから

朝ごはんの時にドイツ人が見分けられる方法、ベルリンで観られる変な建物、地元民から愛されるカリーヴルストのお店、ラピュタの世界が広がる鉱山など