ベルリンのスーパーで見つけた「大豆粉」は果たして「きな粉」なのか?

ベルリンのスーパーで見つけた「大豆粉」は果たして「きな粉」なのか?

ベルリンのスーパーで発見した大豆粉

先日、EDEKAというスーパーのBIOコーナーを覗いていたら、気になる商品発見!

Sojamehl

Sojamehl、直訳すると大豆粉、もしやコレって「きな粉」?!

日本で買ったきな粉が底を突き、アジアマーケットで日本のものを買おうかなと思っていたところにこの発見。

これがきな粉ならば、かなりのお買い得品。だって300グラム入りで2ユーロ。日本製のきな粉をベルリンで買ったら、恐らく量がもっと少なくてもっと高いはず。

how to use sojamehl

大豆粉を実際に使ってみたよ

大豆粉にちょっと手を加えれば、ドイツで「きな粉」をたっぷり堪能できるかも?

カリーヴルストとポテト

ドイツに関する他の記事はこちらから

朝ごはんの時にドイツ人が見分けられる方法、ベルリンで観られる変な建物、地元民から愛されるカリーヴルストのお店、ラピュタの世界が広がる鉱山など

ラベルを読むと「きな粉」ではないような気が・・・

Sojamehl3

念の為、パッケージの情報を読み漁りました。

成分表示は大豆粉、小麦など別の穀物が混ぜてあるような表示ではない。さらに「トーストしてある」と書いてある!

これがもし「ロースト」表示だったら、「きな粉」認定して即、お買い上げ。でも、トーストもローストも考えてみれば似たようなもの、気分はすでに「買い」の方向へ。

しかし使用方法を読むとパンなどを焼く時に小麦等の粉の2〜3割を大豆粉で代用と書いていある・・・。

こんな使い方、「きな粉」では聞いたことない・・・。やはり、コヤツは小麦粉の仲間の大豆製品か?

数秒、迷いました・・・。

how to use sojamehl

大豆粉を実際に使ってみたよ

大豆粉にちょっと手を加えれば、ドイツで「きな粉」をたっぷり堪能できるかも?

benz3

ヨーロッパ旅行のお土産に関する他の記事はこちらから

フェラーリをお土産にしたい、スペインのドロドロなホットチョコレート、超高級バルサミコ酢を清水買い、あのドイツの名車をお土産に

一か八か、大豆粉=きな粉に賭けてみた

「えーい、2ユーロだし、買っちゃえ!」と見切り発車で買い物カゴへ。

まぁ、大豆の粉だったら、パンを作る時に混ぜて使い切ればいいし。こういう感じで買い物をするから、使えないものが家に溜まるんですよね(苦笑)・・・。

早速、家で子供と一緒に開けてみました。

きな粉とでるか、大豆の粉とでるか?

sojamehl2

出てきたのはこちら

若干、薄いながらもきな粉っぽいクリームがかった黄色、指でつまんで匂いを嗅ぐと、薄いながらもきな粉っぽい香り!

そして口に入れてみると、

「きな粉じゃない?きな粉だよ!」

日本製の高いきな粉と比べると雑な味こそしますが、フライパンなどでローストしたら香りが出て、美味しくなるポテンシャルを感じる。でも、そのままでもお砂糖と混ぜたら、かなり普通にきな粉として食べられます。

ドイツ在住で、きな粉のストックが切れた方、ハイレベルのきな粉をお求めでなければ、是非、一度、ALNATURASojamehlをお試しください。

how to use sojamehl

大豆粉を実際に使ってみたよ

大豆粉にちょっと手を加えれば、ドイツで「きな粉」をたっぷり堪能できるかも?