【悲報】ドイツから日本へ小包をお得な値段で送れなくなった・・・

【悲報】ドイツから日本へ小包をお得な値段で送れなくなった・・・

ドイツから日本へ小包を送るにはBrief international

brief international

郵便局のおばさんから聞いてから、ずーっと日本へ小包を送る時はBrielf Internationalを利用していました。日本でいう簡易郵便みたいな感じ?

Brief(手紙)という名が付きながらも物品の送付も可能。プチプチ付きの厚めの封筒に入れ、重さが500グラム以下なら、何と

3.7ユーロ、500グラム以上1キロ未満までなら7ユーロで送れる!

450円や850円くらいでドイツから日本へ送れるというお得な料金体系。日本国内でもちょっとしたものを送ったら、このくらい掛かりますよね。

クリスマス・シーズン、日本の知り合いにちょっとした小物やお菓子を気軽に送れるなと毎年12月になると頻繁に利用していました。

【悲報】2019年1月1日よりBrief Internationalによる物品配送、廃止・・・

お得な料金体系だったBrief Internationalでしたが、今年の1月1日から物品の取り扱いができなくなっていました・・・。(手紙や書類のみ可能)

いくつもパック詰した郵便物を持って、郵便局に行ったら、窓口にてその事実を知りました・・・。

窓口の人は恐らくこの11ヶ月、同じことを何回も説明したのか、テンプレ状態で

「2019年1月1日からBrief Internationalでの物品の取り扱いは廃止となり・・・・」

非常に詳しい説明をしてくれました。

説明を聞きながら、気が遠くなっていく私・・・。IKEAのブルーのバックにたくさん入れていた日本への小包の重さが余計に肩にのし掛かる(号泣)・・・。

カリーヴルストとポテト

ドイツに関する他の記事はこちらから

朝ごはんの時にドイツ人が見分けられる方法、ベルリンで観られる変な建物、地元民から愛されるカリーヴルストのお店、ラピュタの世界が広がる鉱山など

ドイチェ・ポストのサイトが分かりづらい・・・

自宅に戻り、窓口の人が言っていた、新しいシステム、Warenversand Internationalのページを見たら、

四半期に5つまでと送れる数に限りはあるけど、「トラッキングなしなら前と変わらない値段で送れるじゃん!」と、早速、ネットで手続きをしようと思ったら、ドイチェ・ポストへの登録が必要みたい。

登録をして、いざ、手続きをと思ったら、いくらやっても該当するWarenversand Internationalの手続きができない・・・。

サイトを隈なく調べて、ついに発見しましたよ、この情報、

「個人のお客様が海外へ物品を送る場合はDHLのサービスをご利用ください。」

ちょっと、そういう大切なことはサイトの目立つところに書いてもらえません!お陰様でものすごく時間を無駄にしたんですけどっ!!!

速攻、ドイチェポストの登録も抹消手続きへ。どう考えても、今後、使うことなさそうだし。

DHLのサイトと店舗で送信ラベルを探す

DHLのサイトはドイチェポストよりも分かりやすかった。けれど、PDFファイルでダウンロードできる海外送信用のラベルが見つからない・・・。EU内のラベルはあるけど、それ以外のが無い・・・。

送料を事前にオンラインで支払うタイプなら、ありました。でも、オンラインで決済した後、「ここ間違ってます。」と窓口で言われる可能性もあるので、オンライン支払いは避けたい・・・。

なので、DHLの店舗までラベルを取りに行きました。が、全ての店舗にEU以外への配送用ラベルが置いてある訳じゃなかった・・・。3店舗目でようやく手に入れましたよ!

dhl

記入をし、箱にプレゼントを詰め、店舗で発送手続き完了

手続き完了した時は思わずガッツポーズ!この時期、大混雑の郵便局やDHLの店舗、そして分かりづらいドイチェポストのサイト、長い道のりだったよ(涙)・・・。

ちなみに送料ですが、500グラムまでなら、8.89ユーロなんですが、オンラインでしか手続きできない(多分、窓口でもできそうだけど)感じ?2キロまでの小包にしました。窓口で支払った料金は16ユーロ

小包の実際の重さは1.3キロ。本当は1キロ未満の小包を送ろうと思っていたのですが、500グラムまで減らすのは箱の重さもあるから難しい、オンラインでの手続きは避けたい、パッキングして窓口で延々待たされた挙句、ダメ出しされるのも勘弁・・・。

なので、ひとサイズ大きいので送りました。予定した1キロ未満のプレゼントにちょっと買い足して詰め込みました。でも、まだ重さに余裕があったので、もっと入れればよかったな・・・。というか、去年までは1キロまで7ユーロで送れたのに、今年は倍以上かかったよ(涙)・・・。

後は無事に日本に届くことを祈るのみ!まず、急ぎのもの1つだけ送ったので、これがちゃんと着いたら、順次発送予定です。クリスマス・プレゼントじゃなくって、お年賀になりますが(苦笑)・・・。