食べられるブロック、4D Happy Blocksは低予算のプレゼントに最適!

食べられるブロック、4D Happy Blocksは低予算のプレゼントに最適!

小さなプレゼントに最適、ブロック型のグミ

今日はニコラウスの日、クリスマスシーズンにプレゼントを2回もらえるドイツの子供達の話を以前に書きました。それ以外にも学校や幼稚園などでも「プレゼント交換」が行われます。

うちの子のクラスでも「一人5ユーロ」という予算でプレゼントを持っていかなくては行けません。親としてはプレゼントに振り回される12月は本当に忙しい・・・。

そのプレゼントを探している時に見つけたのがこれ、

4D Happy blocks

4D HAPPY BLOCKS

これ、

blocks

グミで作ったレゴみたいなブロックが入っています。

もちろん、このグミ・ブロックで

4D Happy blocks4

(数が足りれば)色々なものが作れます。

入れ物は一応、貯金箱にもなるみたいです。

お値段一つ2ユーロ程度、食べればなくなるし、その上、インパクトもある、低予算のプレゼント交換にはピッタリかも。

pfankuchen

ドイツの食べ物

定番のソーセージだけじゃない、ドイツの謎デザートやドイツ式プリン、学校給食などレアな現地情報

なぜ3Dでなく、4Dなのか?

でも、「何で4Dなの?」って思いません?ブロックなんだから「3Dでしょ!」って。それとも時空を超えちゃうブロックなの?と思いながら、よくパッケージを見たら、

4D Happy blocks Kopie

4つ目のDはDeliciousの意味でした!

何だ、無理矢理の語呂合わせ?と思いながら、ブロック型のグミを食べてみると、

gummi

今までにない新食感グミ!美味しいかも!!!

ちなみに合成香料、保存料は不使用。4DのDはDeliciousのD、と自信を持って言えるだけの味のようです。