大西洋を見渡せるポルトのカフェ、Tavi Confeitariaでのんびりお茶しよう

大西洋を見渡せるポルトのカフェ、Tavi Confeitariaでのんびりお茶しよう

ポルトを旅行した時、お天気はあいにくの雨。

バスの窓から海沿いを眺めていたら、晴れ間が広がった、「ラッキー!」と思い、バスを降りて海沿いを散歩したら、思ったより、外が寒かった・・・。震えながら、たどり着いたのはこんな素敵なカフェでした。

Francesinha

ポルトに関する他の記事はこちらから

巨大サンドイッチ「フランセジーニャ」、大西洋が見渡せるカフェ、魔女の宅急便のような景色が見える民泊アパート、入場料が必要な本屋さんなど

観光バスに乗ってポルトの海岸沿いまで

ポルトガルの北西部の海沿いの街、ポルト。私たちが旅行に行った時はあいにく天気が悪く、雨降りの日ばかり。雨の日の観光にうってつけなのが、座ってるだけで街を回れる観光バス。1日目は街中のスポットを回ったので、2日目はポルトの海沿いのエリアへ行ってみました。

最初は天気が悪かったのですが、急に日が差してきたので、バスを降りて海岸を歩いみようと下車。でも、外に出たら、思っていたよりも外はずーっと寒かった・・・。

「と、とりあえずどこかで温かいものを・・・。」とブルブル震えながら、お店検索、そして見つけたのがこのお店、Tavi Confeitaria

Tavi Confeitaria

眺め良すぎ、ソファーも気持ち良すぎ

お店に入ると広がるこの眺め!お店の入り口は海が見えない通りに面していたし、Google mapで見ても海岸から少し離れている感じだったので、正直、びっくりしました。窓に広がる大西洋、しかも室内だから暖かい。

しかも、お店のソファーが気持ちいい。ブランケットも用意してあって、ぐるぐる包まりながら、オーダーの後、しばらくずーっと海を眺めていました。

Francesinha

ポルトに関する他の記事はこちらから

巨大サンドイッチ「フランセジーニャ」、大西洋が見渡せるカフェ、魔女の宅急便のような景色が見える民泊アパート、入場料が必要な本屋さんなど

スイーツだけじゃない、ランチも美味しそう

お店に入ったのはお昼過ぎ。ご飯ものも充実しているみたいで、スーツ姿のビジネスマンらしき人たちがランチを食べていました。

朝ごはんが遅かった私達はまだまだランチには早すぎたので、あったかい飲み物と2種類のクレープを注文。

イチゴのクレープ

見たまんま、イチゴのクレープ。中にはバニラアイスが入っています、多分。

クレープ

こちらは確か、チョコレートのアイスが入ったキャラメルソースがけのクレープ、だったかな?

ティラミス

もう一つ、お店のショーケースから選んだケーキ。ティラミスのようなキャラメル・クリームのようなケーキだったかな?

眺めと居心地の良さが印象深くて、食べ物の細部に関しては記憶が曖昧なのですが、どれも美味しかったのは覚えています。

ポルトにいた間、子供のドリンクはホット・チョコレート、一択。 ポルトガルのホット・チョコレートはドロっとしてクリームやプリンみたいな感じ。これをスプーンですくいながらながら、クレープやケーキを頬張る子供・・・。大人はシンプルにラテ・マキアートでスイーツを頂きました。

ゆったりコーヒー・タイムを楽しみ、体もあったまりました。

この眺めだから、お会計はいくらになるのか、ちょっとドキドキしていたのですが、お手頃なお値段でした。外が暑かろうが、寒かろうが、適温の室内で海を眺めながら、お茶をする、ポルトの海沿いに来たら、「ぜひ!」というくらいお勧めのカフェです。

belem

ポルトガルに関する他の記事はこちらから

リスボン、ポルト、カスカイスなどで観たもの、食べたもの、民泊アパートなど