Stay Homeでお菓子作りに励んだこの2ヶ月、さすが疲れたので今日は手抜き

Stay Homeでお菓子作りに励んだこの2ヶ月、さすが疲れたので今日は手抜き

「Stay Home」でおかし作りに精を出したが

3月から始まったロックダウン、学校も休校のため、子供と一緒に暇を持て余し、お菓子とパン作りに励んだこの2ヶ月近く。

日本でもホットケーキミックスなどお菓子作りの材料が売り切れらしいですが、ドイツでもロックダウン当初、小麦粉はスーパーの棚から消えたものの一つでした。

その後、定期的に供給されるようになり、週に2〜3回、パンやお菓子を焼いておりました。

が、もうさすがに疲れた・・・。

Surgical mask

コロナ・ウィルスに関する他の記事はこちらから

ロックダウンが行われているベルリンの様子、マスクや除菌ジェル、休校中のオンライン学習の情報など

冷凍ケーキ「Coppenrath & Wiese」は救世主的存在?

コロナ禍でのお菓子作りに疲れ果てた今、ケーキ屋さんまで遠出する気力もないし、そもそも買い物などの外出は回数を自体を減らしたい。

買い置きしてあるクッキーやチョコ系菓子は「平日のオヤツ」には良くても、週末のティータイムには「ちゃんとしたスイーツ」を食べたがるドイツ人が自宅にいる・・・。

そんな時、頼れるのが、スーパーマーケットで売っているコレ、

strawberry cheese cake

ドイツで一番メジャーな冷凍ケーキのブランド、「Conditorei Coppenrath & Wiese

大家族でも食べられるようなものから、核家族用の小さいものまでサイズも豊富。フルーツ系だけでなく、チョコレート系やクリーム系、さらに色々な種類がミックスされたものも売っています。

お値段もお手頃、ケーキ屋さんのケーキより安い。問題はお味ですが、美味しいお店のケーキにはモチロン敵いませんが(笑)、チェーン店のパン屋さんに置いてあるケーキだったら、どっこいどっこいという感じ?「思っていたより悪くない」、そんな感じ。

Surgical mask

コロナ・ウィルスに関する他の記事はこちらから

ロックダウンが行われているベルリンの様子、マスクや除菌ジェル、休校中のオンライン学習の情報など

面倒な後片付け無し、解凍するだけで食べられる

食べ方ですが、冷凍庫から出したら、パッケージを開けて数時間、室温で放置すればOK 。

strawberry cheese cake2

お菓子作りで一番面倒なのって、個人的には「後片付け」だと思ってるんですが、冷凍ケーキなら後片付け無し♪

子供と一緒に作るのは楽しいけど、粉が飛び散ったキッチンの床、山積みになったボールや泡立て器、こういう片付けは子供はやりたがらない・・・。なので、この2ヶ月「パトラッシュ、もう疲れたよ・・・。」的な気分になることも多々ありました。

できたての手作りケーキの方が美味しいけど、それなりの味がするスーパーで売っている冷凍ケーキ、たまにはこのくらい手を抜いてもバチは当たりません、多分・・・。

カリーヴルストとポテト

ドイツに関する他の記事はこちらから

朝ごはんの時にドイツ人が見分けられる方法、ベルリンで観られる変な建物、地元民から愛されるカリーヴルストのお店、ラピュタの世界が広がる鉱山など